ぱせりブログ

ニュースサイト兼日記

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『めんどくさがり屋さんの収納術』 | main | 最大体重記録更新 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
表参道のイタリアン・レストラン「リストランテ ホンダ」でランチをいただいた。

前菜の蝦夷鹿のテリーヌは鹿肉の野性味とホロホロと崩れる軽い味わいの組合せに驚いた。
うまく表現できない味なのだが、不思議なおいしさがずっと記憶に残っている。

パスタに選んだキャベツとからすみのスパゲッティは、
ねっとりしたソースにからすみと焦がしたキャベツがアクセントになっている。
スパゲッティを小高く盛った上にさらにキャベツをトッピングしてあるのも面白い。

絹さやのクリームを添えたマスは、ごく軽くスモークしてあってさっぱりした味。

モンブランは、栗のペーストに炭酸の入ったクリームや紅茶のゼリーが取り合わせてある。
ほんのり酸味があって、フランス菓子のモンブランとはまったく違うデザートだった。

そしてコーヒーも料理とのバランスのいい味で、とても美味しく飲めた。

斬新な素材の使い方や、フレンチや和食にインスパイアされた繊細な盛りつけに、
イタリア料理の認識を改めた。
イタリアンはオリーブオイルとガーリックとオレガノだけじゃないのだ。

JUGEMテーマ:表参道のランチ


| 15:42 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 15:42 | - | - | - |









url: http://tamanegi.jugem.cc/trackback/598