ぱせりブログ

ニュースサイト兼日記

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『誰かが足りない』 | main | 『ころころろ』 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |

『僕は君たちに武器を配りたい』

   瀧本哲史    講談社


「自分が勤める会社に、

働かないうえに新しい発想もなく、社内政治だけには長けた、

既得権益を握って話さないオジサンたちが居座って甘い汁を吸っている。

そう感じるのならば、・・・ライバル企業を作ってしまえばいいのである」。


進路を考えている学生にはもちろん、
学生がいい会社に内定しても、
自分たちが聞いたことがない会社だからと反対して困らせる親も読むと吉。

ついでに株をやってみたい人にもいいと思う。 

JUGEMテーマ:読書
| 21:58 | 読書 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 21:58 | - | - | - |









url: http://tamanegi.jugem.cc/trackback/1285
低学歴にこき使われるのが嫌な高学歴者に向けて:僕は君たちに武器を配りたい
僕は君たちに武器を配りたい作者: 瀧本 哲史出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/09/22メディア: 単行本 元マッキンゼーのコンサルタント、現京都大学の准教授がこれから社会にでる若者に向けて書いた一冊。 Amazonのレビューなどでは賛否両論あるが、本書の目的を
| 本読みの記録 | 2013/09/16 10:36 PM |