ぱせりブログ

ニュースサイト兼日記

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
WOWWOWのドラマ「パンとスープとネコ日和」が好きで録画して見ている。

新聞で紹介記事を見て、
ストーリーも出演者も「かもめ食堂」に似ていると思ったら、
やはり同じ群ようこさんの原作だった。

ゆったりした時間が流れる中に、
主役の小林聡美さんが背筋を伸ばして料理するシーンがくっきりと印象深い。

特に、忙しい仕事を終えた後、
自分一人のためにきちんとした食事を作るシーンにはため息が出る。

アキコは一度にたくさん作って冷凍しているイメージがない。
毎日その日食べきる分をさらりと作っていると思う。

最近食事する人数が激減しているのに対応できない私には、
アキコが何品も一人分だけ作るのが神業に見える。

どうやっているか知るためにも原作を読もう。

JUGEMテーマ:日記・一般


| 21:12 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
長年、手にはまったく日焼け対策をしなかった。
水仕事の後ハンドクリームを塗らなければと思いながら、それも怠ってきた。

寝る前、顔に美容クリームを塗るついでに手にも塗っていたが、
手には効果がなかったようだ。 

その結果、私の手は、しみ、しわ、うるおいがなくてガサガサである。
手だけ見せたら、90歳くらいと思われてもしかたないと思うくらいだ。

この間ふらっと入った店に絹の手袋があって、
寝る時にはめているとしっとりするとあったので買ってみた。

2週間たって、確かにガサガサではなくなってきた。
90歳から80歳にはなったかもしれない。

暑くなるとはめていられなくなるだろうけど、
5月中は続けて70歳くらいの手になりたい。

JUGEMテーマ:日記・一般
| 09:09 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の抱負を振り返ろうと、久しぶりに自分のブログに来たら、
今年は抱負すら書かないまま2月から放置していた。

ツイッターの手軽さとレスポンスの早さが気に入って、
ブログである程度起承転結をつけた文章を書くのがおっくうになっていた。

でも、本や映画の感想のような個人の思い入れを書くものとか、
毎年の抱負や振り返りのような後で読み返したいものは、
ブログの方が向いていると思うようになった。

更新頻度は低いかもしれないけれど、
自分がゆったりできる場として続けていきたい。
| 22:17 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
今の仕事をするようになってから週何度か朝5時ごろ起きるようになった。
しかし、寝る時間はなかなか早くできなくて1時前後になっていた。

長期間少しずつの寝不足が重なって最近はかなりきつくなったので、
年末年始で朝型生活を定着させることにした。

そのためには夜更かしの原因になっていることを夜ではなく朝にすることにした。

仕事のための調べ物や資料作りは前日夜にしなくてすむよう前倒しでする。
夜はできるだけネットをしない。
メールチェックはしても返信は朝にする。

とはいえ、10時ごろから書類を作り始めたり、ネットがやめられなかったりで、
身に染み込んだ習慣を変えるむずかしさをつくづく感じている。

昨日やっと11時過ぎに床につけたが、案の定眠くならない。
眠くなるまで本を読む誘惑にかられたが、
終わりまで読んでしまうのがわかっていたので我慢した。

おかげで今朝は6時すぎにそれほど無理せず起きることができた。

後は仕事の前倒し。
せっかくの休みを完全オフにできないのは残念だが、
毎日7時間寝る生活を手に入れられるかどうかは、この年末年始にかかっている。

というわけで、頑張ろう! 自分。

JUGEMテーマ:日記・一般


 
| 07:58 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
衣替えまでいかないが、少しだけクローゼットの服を整理した。

手放す決断をした中にバーバリのトレンチコートがあった。
新婚旅行先のロンドンで買ったものだから何十年もの。

子育てでトレンチどころではなくなって、次は体型が戻ってからと思い、
次第に存在すら忘れたけれど、捨てる気になれなくてずっとクローゼットにかかっていた。

最後に着てみたらぜんぜん型崩れしていなくてさすがにバーバリーと思った。
シミが出ていてあきらめがついたといいたいところだけれど、実はまだ心が痛む。

活用しない服が増えてクローゼットが機能しなくなりつつあるので仕方がないのだが、
愛着のある物と別れるのは辛いものだ。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 21:24 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
夏休みのメーンイベント、それは台所の片づけ。
換気扇を掃除して、調理台を片付けて・・・。

そして気づくのは、何だかやりにくい使い方をしていたということ。

調理台がすぐに物置き化していたのは、
物が多すぎたり、すぐに戻さなかったりも多大にあるけれども、
ここでどんな動作をするから何がどこにあればいいかということを、
あんまり考えていなかった。

それというのも頭がほかのことで満杯になっていたから。
頭のキャパが少ない上に、同時作業は苦手な作りらしい。

やらなければならないことに追われている気分は相変わらずだが、
それでもこの夏は少し余裕があるのかもしれない。

では、調理台をどういうふうにすればいいか。
調理や配膳のためにスペースをあけておきたい。
となると、流し台の下やつり戸棚の収納を変えなければならない。

夏休み中に終わるんだろうか。

JUGEMテーマ:日記・一般


 
| 16:20 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日は読書のたがが外れて、1.5冊読んでしまった。
今日から真面目に年末仕事をしなければ。

まず資源ごみから。

でも今年最後の仕事のためにスライドも作らなければいけないのだ。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 11:17 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
午前中は書類の整理。
ためてしまったので一度に葉終わらない。

午後からは台所の片づけ。
こちらも食材のストックが多すぎてどうしようと思ったが、
つり戸棚の上段がほぼ空いているのにいるのに気付いた。
使いにくいからあとで何を入れるか考えようと思っていてそのままだったらしい。

どれだけ上を見ないんだ、自分。

そしてそこに、少し前に書類の整理に使おうと思って買ったけれど
置き場所がなかった整頓ラックがぴったりだった。
カウンターの電子レンジの横にもこのラックを積み重ねて置くと、ラップや食材などがうまく納まった。

どれだけ計画性がないんだ、自分。

子どもが学校に行っていた頃から使っていたプラスチックの弁当箱類をまとめて廃棄したら、
引き出しに布巾類がきれいに入った。
そして改めて在庫が多すぎるのに驚く。

カウンターも調理台も手をつけていない。
今日中に終わるのか。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 21:44 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
先日懸案の野菜室の整理をした。
冷蔵庫の整理の後なぜこんなに間があいたかというと、
スライド棚がひっかかって動かせなかったためだ。

かなり力づくで奮闘した末、スライド棚を引き出し、悲惨な姿になった野菜たちを処分した。
そしてスライド棚はもう使わないことにした。

重いものや大きなものを乗せなければひっかからないし、小物を置くには便利なのだが、
便利なだけについいろいろと置いてしまい、何度も同じ羽目に陥っていたからだ。

さらに、スライド棚があるために、高さのあるものが入れられなくて不便だったという理由もある。

生協から届いたその日に袋やパックから出して、洗って、
枝豆や青菜などすぐに調理した方がいいものは調理し、
レタスやきゅうりなどは一部サラダにし、
ピーマンや長ネギは容器に入る大きさに切り、
野田琺瑯のホワイトシリーズに入れて野菜室へ。

仕事の後の作業は少し大変だが、これをやっておくとそのあと数日がとても楽だ。
袋やパックを捨てるので、届いたまましまうのと比べて、ボリュームもかなり減らせる。
それに鮮度が長く保たれるのと、見やすいので、使い忘れたり痛んで捨てることもほとんどなくなった。

スライド棚を取り払った結果は収納量がぐんと増えた。
小さな野菜は小さな容器に入れればいいから、棚がなくても不便はしない。

取り払ったスライド棚だが、まだ捨てることはできていない。
何か使い道があるかもしれないとか、
下取りに出す時あった方がリサイクルしやすいのではないかとかあれこれと考えて。

こちらはかなり邪魔で困っている。
どんなふうに気持ちの整理をつけようか。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 22:59 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
「冷蔵庫の収納作戦」を書いたのが6月11日。
その後野田琺瑯のホワイトシリーズを何度か買い足して、
スクエアやレクタングルはほとんどの型を購入した。

作ったおかずは白い付箋か水性ペンで名前と日付を書いて
決まった棚に左から順に置いている。
おかげで食べ忘れて捨てることがなくなったし、
あくまで好きなものだけだが、私がいない時も家族が自分で出して食べるようになった。

残ったサラダは翌日もレタスの色が変わらずおいしく食べられる。
パックのままやジップロックなどだと数日でしなびてしまうシソの葉もみずみずしいまま。
ピーマンなども時間がある時に切って保存しておけるのでとても楽だ。

容器が統一されているのと、食べ忘れたものがたまっていかないため、
特に努力しなくても、庫内がすっきりした状態が保たれている。

次は野菜室の整理にも使おうと思う。
値段はそれなりだが、シールふたは買い足せるから長く使えるし、
食べ物が痛みにくく無駄にすることが少ないことや
お客さんに見られても恥ずかしくない清潔感やすっきり感を保てることや、
何より冷蔵庫を開けた時に自分の好きなものが見える心地よさを考えると、
私にとってはいい買い物だと思っている。

JUGEMテーマ:家庭
 
| 21:50 | くらし | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>